2007年01月07日

ロード・オブ・ウォー

ロード・オブ・ウォーロード・オブ・ウォー
アンドリュー・ニコル ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク

日活 2006-06-09
売り上げランキング : 1242

Amazonで詳しく見る


世界平和を掲げている大国が、実は一番の武器輸出国であるという事実を風刺しながら、武器商人として成功した主人公のユーリー(ニコラス・ケイジ)の生き方を描いている。世界の紛争国が武器を求め、大国は武器の売り先を求める。公式には売れないので、武器商人という裏の世界の人々が一役を担っている。ユーリーは自分たちは武器を売っているだけで、人を殺しているわけではない。と、かたくなに自分に言い聞かせているのが、まさしく現代社会の構図といったところだと思う。(平和のために核を持つといった。)インターポールがやっとこさユーリーを捕まえるが、政治の力で簡単に釈放されるのも、うまく描写されている。それにしてもニコラスケイジはいい味を出してますね。思わず見入ってしまういい映画でした。
posted by kuny at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。