2006年05月14日

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

433403341599・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
竹内 薫
光文社 2006-02-16



どちらかというと、理系出身者を対象にしている感じがする。
内容的には、結構理科系の話が多い。
冒頭「飛行機が飛ぶしくみ」は現代でもわかっていないとの過激な内容で始まる。
ある程度、物理学を知っている人にとっては衝撃的かもしれないが、文系の人にとっては飛んでいるのは事実だし、難しい理論はそもそもわからないしねぇ。。といったところではないか。

世の中仮説しかなく、あるとき、一瞬にして真実がウソになることも事実に基づいて説明してあり、なかなか説得力がある。

要は「思い込みで判断しない」、世間ではもっともらしい報道がされていても一歩引いて考えることが必要ということだ。

確かに、ネットで報じられている情報は膨大で、その真偽を確認することは難しい。しかし、その情報の真偽を判断せざる得ないのもまた現代を生きるにおいて不可避である。

本書で「マイナスイオンの効果」はまったく証明されていないことに触れられているが、世間の家電製品では当たり前のように効果をうたっている。

その他、難しい相対性理論や進化論についても概要がわかりやすく説明されており、いろいろとためになる本である。

posted by kuny at 19:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。