2006年05月29日

DCMX(ケータイクレジット)

ついにドコモが自らクレジットカードDCMX(http://www.nttdocomo.co.jp/service/dcmx/special/top.html)を発行した。

基本的には携帯でクレジット決済ができるサービスだ。iD(http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu/id/index.html)が使える店舗で使える。
サービスはDCMX mini とDCMXの2つがある。

DCMX miniはminiというだけあって、携帯から申し込んでiアプリから利用できる。利用枠も1万円まで利用料金は携帯料金と同時に請求される。クレジットカードは発行されない。

ただ、携帯料金をクレジットで払っている人は申し込めないので注意が必要だ。あまりアナウンスされていないのはいかがなものか。アナウンスも「携帯電話の料金支払い方法が「請求書によるお支払い」または「口座振替によるお支払い」のお客様(他のお支払い方法の場合は、「請求書によるお支払い」「口座振替によるお支払い」に変更後、お申込みください)」とストレートにクレジット決済の人とはかかれていない。ついこのあいだまでドコモカードの勧誘を盛んにやっていたのだが、その利用者は申し込めない。

DCMXは、利用枠が20万円以上となり、クレジットカードも発行される。利用料金も携帯利用料と別に請求される。
カードにはVISA、MASTERの国際ブランドがつく予定なので、一般のお店でも使える。

ドコモ自体がクレジットカードを発行し始めると、ドコモカードに参加しているクレジット各社との関係はどうなるのだろう。
ドコモとしては、クレジット決済はDCMXブランドに統一して、手数料ビジネスを発展していきたいのだろう。(今に、銀行業もはじめたりして。。。)
通信料収入だけでは、今後の発展は難しいのは周知のことなので、違う領域に展開するのも自然の流れだろう。
いずれにしても、利用者にとってはより便利なサービスになっていくことを期待する。

posted by kuny at 01:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

iD店舗でDCMXを使ってみました♪
Excerpt: はじめて、DCMXをiD店舗の紀伊国屋で使ってみました。ん。。。紀伊国屋はレジの奥に中山エミリがCMでやってるiDのR/Wがレジの奥にあるから、買う時に「iDで・・・」とかっこよく言ったものの・・・「..
Weblog: SUGIBloGWorlD
Tracked: 2006-06-05 00:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。