2006年06月07日

リンダリンダリンダ

B000CDW8AAリンダリンダリンダ
ペ・ドゥナ 山下敦弘 前田亜季
バップ 2006-02-22




全体を通して非常に懐かしい感じがした。
純真な高校生をとても表現できていた。
また、韓国の留学生をボーカルにいれて、みんなで協力して曲を完成していく姿は、いろいろと問題がある両国だが、そんなことはまったく忘れさせてくれる純粋な人と人の友情に心打たれるところがあった。

自分が学生だったころも、
バンドブームがあり、学園祭はみんながこぞってバンドを組んで
演奏していた。
流行っていた曲もバンドが中心。「プリンセス・プリンセス」「レベッカ」「BOOWY」・・・
本作は懐かしいブルーハーツの「リンダリンダリンダ」を演奏曲として、練習のときからこの曲が何回も聞くことになる。

たまには、80年代を振り返るのもいいなぁ。



posted by kuny at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。