2006年06月24日

誰も教えてくれない「駐車場」ビジネスの始め方・儲け方

誰も教えてくれない「駐車場」ビジネスの始め方・儲け方
誰も教えてくれない「駐車場」ビジネスの始め方・儲け方山下 和之

ぱる出版 2005-07


仕事の関係でビジネスについて調べてみた。
6月の道路交通法改正でりが強化され、確かに街中では違法駐車は減ったように感じられる。一時的なものかもしれないが。。。。
民間に委託された取締り業務もちらほら見かけるようになった。
場の利用率も上がっているらしい。
本書に載っていたが、日本の駐車取締りは諸外国に比べ相当甘いらしい。
東京(人口約1200万人、取締り件数約48.3万件)、ニューヨーク(人口約800万人、取締り件数約1000万件)、ロンドン:ウエストミンスター地区(人口約25万人、取締り件数約90万件)
警察があまり駐車の取締りに力を入れると要員が不足して他の犯罪(凶悪犯罪、ピッキング等)の検挙が追いつかなくなるとのこと。
また、国土交通省の「交通センサス」によると1日の駐車場需要は1109万台で駐車場を利用している1014万台が駐車場などを利用、残り95万台はとなっているらしい。
基本的に駐車場の需要が間に合っていない。
本書は、駐車場ビジネスは、まさに今が旬のビジネスであり、個人が実際に駐車場をはじめるための情報を提供している。
駐車場も、月極・時間貸し、平面、立体、機械式等々いろいろな種類があり、各々について設備と経営について記述されている。
現在、土地を所有している人にとっては、比較的始めやすいビジネスと感じた。
いずれにしても、利用しやすい駐車場が増えることは利用者にとってもありがたい。



posted by kuny at 14:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。