2007年01月10日

ステルス

ステルス デラックス・コレクターズ・エディションステルス デラックス・コレクターズ・エディション
ロブ・コーエン ジョシュ・ルーカス ジェシカ・ビール

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-09-27
売り上げランキング : 5367

Amazonで詳しく見る


正直ストーリーは2流である。戦闘機の迫力が魅力の映画だったのかもしれないが、自宅でDVDではちょっとその効果を得ることができなかった。人工知能をもった無人戦闘機が案の定、暴走を始めてそれを阻止するべく主人公がいろいろとトライする。暴走している割には最後の分別はきちんともっており、やらせ感いっぱいな感じである。また、北朝鮮上空で被弾脱出した彼女を救助にいって救うといった設定も作りすぎ。バックグランドで政府に新型ステルスを認めてもらうために上官と政治家のストーリー等えがかれていたが中途半端である。いまひとつでしたね。
posted by kuny at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。