2007年02月06日

県庁の星

県庁の星 スタンダード・エディション県庁の星 スタンダード・エディション
織田裕二 桂望実 西谷弘

東宝 2006-10-27
売り上げランキング : 10253

Amazonで詳しく見る


がいつもの織田裕二らしい「いい味」を出している。
県庁のエリートである織田が民の知恵を得るということでスーパーでOJTを体験する。官庁の理論で行動するが、一般庶民の現場の状況を知り、いろいろと考えが変わっていき最後は一般庶民の立場でに立ち向かっていくといったストーリーである。
実社会でも高い地位の人は、得てして現場を知らない。その人が少しでも現場を知れば、元々優秀な能力があるのだからもっとすごいことができると思うのだが。。。本作は結局官僚政治は変わらないといった終局を向かえるがそれはそれでいい終わり方だと思った。いずれにしても現場を知ることは大切ですね。
posted by kuny at 01:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。