2007年08月17日

首都高一周(その2)

前回の首都高一周(その一)ではC1ルートの紹介だったが、今回はC2ルート。
C2()は、ほぼ都心をまわるC1にくらべ郊外を一周する。そのため距離は50Km(左周り)を超える。
まず、辰巳第一PAを出発して深川線(9号)北上する。箱崎ジャンクションでC2方向の小松川、向島方面に向かう。本線から離れる感じで右車線を進み向島線(6号)と合流する。そのまま進むと京葉道に向かう小松川線(7号)の分岐があるが、そのまま三郷・向島方面(向島線)を直進する。続いて・四つ木と大宮・への案内がある。
ここが、C2ルートの右回りと左回りの分岐になる。湾岸線・四つ木の右回りは距離は左回りルートより短いがそのまま辰巳第一PAに戻れないので再度深川線(9号)を北上してC1ルートを使って辰巳第一PAに戻ることになる。湾岸線・四つ木方面に進むと、あとは右手に荒川を見ながらひたすら南下する。湾岸線に突き当たる葛西ジャンクションで羽田・新木場方面に進む。荒川の橋の手前で湾岸線に合流してそのまま左車線を進み新木場出口を通過後、新宿・銀座方面(C1)への分岐があるのでそこを左進する。分岐直後に、辰巳第二PAがあるが、こちらは第一PAにくらべて小さくひっそりとしている。
両PAは湾岸線から深川線への合流途中にあるので、西進(上り?)から合流すると第一PAには直接行くことができない。深川線に入ると後はC1の首都高一周ルートを使って深川線に入ればに戻れる。
 続いて左周り。右回りと同様にジャンクションから小松川・向島方面に進み、湾岸線・四つ木と大宮・東北道の分岐で大宮・東北道方面に進む。すぐに大宮・東北道と常磐道・三郷の分岐案内があるので大宮・東北道方面(左)に進む。次に江北ジャンクションで大宮・東池袋と東北道・安行の案内がでるので大宮・東池袋方面に左進する。しばらく進むと板橋ジャンクションで渋谷・東池袋方面に左進する。最後に竹橋ジャンクションでC1に合流する。銀座・箱崎方面(左)ではC1右回り、目黒・渋谷方面(右)に行くとC1左回りルートとなる。C2左回りは距離もあり結構な時間がかかる。
 二回にわたりルートをまとめてみた。(参考:首都高全体図都心環状線図)

ちなみに、の情報については首都高速(株)のHP(http://www.shutoko.jp)でいろいろと発信されている。これまであまり首都高のHPは見たこと無かったが、かなり詳細な情報もアップされているので一見の価値があると思う。動画でルート案内制作的にはすごいと思うが、誰が見るのでしょうね(^^ゞ



posted by kuny at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。