2006年04月18日

検索連動型広告 グーグル アドワーズ広告成功マニュアル

検索連動型広告 グーグル アドワーズ広告成功マニュアル
小山 陽子
4844322303


私も仕事でグーグルアドワーズを利用している。
本書は、グーグルアドワーズの設定方法を中心に書かれている。

また、無駄なクリックを減らす(コンバージョン率を上げる)ためのノウハウもかかれている。

ただ、出稿する広告のタイトルや内容はわずか10数文字であり、そもそもクリックされるのが至難の業だと思う。
これらについては、書かれていない。
確かに検索結果の横にある広告をクリックするのは個人的な経験でもそんなにない。

あのわずかな文字数で目を引くには、プロのコピーライターが必要だと思われるが、そこまでしなくても成功している人も多々存在する。

コンバージョン率を上げるのは日々広告文言や検索キーを変更して、結果を考察していくことが大切だということです。
何事もこつこつと努力が必要ですね。

posted by kuny at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

会社のしくみは変えられますか?

会社のしくみは変えられますか?会社のしくみは変えられますか?
鈴木 貴博

ダイヤモンド社 2005-10-28


企業のIT導入に関する内容かと思いきや、大企業の今後のあり方について興味深く書かれている。

漠然と思っていた「大企業は有利」といことは、実は「取引コストが下がる」ことが要因としてあった。組織がだんだん大きくなると逆に「取引コスト」は上がってしまう。形骸化して時間を浪費している決裁フローなどはその例だと思った。

ITが進み、小規模でも「取引コスト」が下がった今では大企業は何を強みとすればよいのだろう。自分も大企業の社員だが、再考する必要がを強く感じた。
また、他社との協業が不可欠と書かれていたが、ここ数年自分自身も模索している。まず、自社の強み(特に技術やシェア)を相手が望んでいることが第一であり、資金力等ではもっと資金力がある第3者が出てきた場合、とたんに関係が崩れてしまう。相手にとってオンリーワンになるにはどうしたらよいか自社の価値を高めるために十分な戦略を練る必要がある。

その他、面白いと思った点
(1)IT投資には「汎用品IT投資」と「差異化IT投資」に分類して投資する必要がある。
(2)松・竹・梅で「竹」が一番利益率が高い。
(3)発注力(安くものを仕入れる関係・投資どころを決める)を高める
(4)IT化は他社との差別化ではなく、他社もIT化しているのでIT化しても何ら他社の差は広がらない。(ITのコモデティ化)
(5)サーバント・リーダシップ(リーダーが部下をクライアントとして扱うことが最大のアウトプットとなる。)
等々、なかなか参考になる本だった。


前著「誰も語らなかったIT 9つの秘密」
(山本 修一郎 鈴木 貴博 浜口 友一)も読みたくなった。
447837466X




posted by kuny at 03:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

東京ワンダーツアーズ

日テレが放送している「東京ワンダーツアーズ」(http://www.ntv.co.jp/TWT/)の第四回(最終話)がいよいよ放送される。
(3/26 22:30〜23:30)

このコンテンツはとても気に入っている。
まず、東京の実際にあるスポットや人物を番組の中で紹介している。
出演する人物も本物。
雑誌と連携しているのもいい。

ノリもホイチョイ系で、自分としては的をついている。

広告(CM)も新しい手法を試していて、
番組の中でドラマの流れのまま女優・男優が違和感なく広告をしている。
例えば、どこかにドライブに行くという設定にして日産のムラーノを使っている。ドライブの会話の中で車の特徴を話している。

残念ながら、今の規則ではCMの初めと終わりに「これからCM」という告知をしなくてはいけないらしく、ちょっと興ざめ。
でも、録画した場合、通常のCMは早送りする人が多いと思うが、これは観るのではないかと思う。

東京を紹介する「東京ワンダーツアーズ社」という会社を新規に立ち上げるのものベンチャー的で面白い。

ワンダーツアーズ社のWEBサイト(http://www.tokyowondertours.jp/)も実験的に新しいWEBの形を提供している点でとても興味深い。
東京のスポットを映像ブログで紹介したり、スポンサーのポットキャストがおいてあったり、自分のビジネスのヒントになりそう。

あと、東京ワンダーツアーズの前シリーズ「東京ワンダーホテル」(http://www.ntv.co.jp/TWH/)もすばらしかった。
若者たちが東京に自分たちが信じる形態のホテルを建てるためにいろいろと活躍する。そのホテルが今、本当に建築中とのことなので楽しみに情報を待っている。

「東京ワンダーホテル&ツアーズ」オリジナル・サウンドトラックもお勧め。



posted by kuny at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。